スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

北海道-7 (7/22)  知床岬先端へクルージング

2009年07月22日 20:31

北海道 キャンプ 旅行 7/22 知床(ウトロ)にて知床岬までクルージングに行く予定です。
知床での2日目は、秘境知床岬を見に行きますよ...(涙)


あれ? 滝の名前を忘れました...「男の涙?」だったような...


   [本日のGPSトラックログ]



 本日の走行距離: 0km

         累計: 1,174km

 天気: 曇り(知床 ウトロ)

     -> 曇り(知床 ウトロ)

 給油:未集計

(本日、道の駅より移動せず)

「 知床岬 ふれぺの滝」



[090808 Rev2 GPSトラックログを追加]


知床(うとろ)での朝です

朝御飯は、ガイドブックにも載っている「漁協婦人部食堂」でいただきます。



中はこんな感じです。



朝から豪勢かも...(笑)  だってこれで、¥2,000近かったような(¥1,600だったかな?)



うーん、なんだかな~(めっちゃしょっぱかったです。)
「ウトロ 漁協婦人部  食堂」で検索すると、本音のレビュー記事がいっぱいヒットすると思いますが、やっぱりちょっと...



さて、気をとりなおして、知床岬巡りに出発します。
なんとなく、クルーザーがちっちゃいような気もしますが、
大型船より小回りがきいて、大型船より岸に近づけるので、ヒグマとか、滝を間近に見れるのが「売り」のようです。



出発しました。
まだ、この時は波が穏やかでした。



なんとなく、「ゾウ」に見える岩だそうです。



「フレペの滝」です。別名「乙女の涙」と呼ばれるそうです。
こちらの滝は、陸上からも(散策路があるので)見ることが出来ます。
写真には写ってないんですが、写真右上のさらに右上あたりに展望台がみえましたよ。



あれ? 名前が思い出せません... なんとなく、「男の涙」って言ってたような気がします。
こちらの滝は、陸地からは見ることが出来ません。



こっちが、男の涙だったかな? 



実は、のんびり滝を見てるような状況じゃなかったんですよ(泣)
めっちゃ、波が荒くなってきたんです。
私は酔い止めを(増量して)飲んだので、問題なかったんですが、もの凄い揺れだったんですよ。
写真の後部シートは一列4人で2列(全部で8人)の座席なんですが、外側に座ってる人には波シブキがかかりまくりでした。
この船会社だと予約順に乗船して好きなところに座るんですが
当日予約した私は、乗船が最後だったため、(幸か不幸か)前列の真ん中でした。
それでもデジタル一眼レフに波シブキがかからないように、撮影しないときは防水袋にいれて保護してましたよ。(^_^;;



波が酷いため、、ツアーが中止になりました。(写真は、帰港途中なので、知床岬方面が写ってます。)
岬の先端方面にガスがかかってきてるのが見えますか?
岬の先端にすすむほど波が荒くなるらしく、戻ってくると波は穏やかでした。(シーカヤックやってる人もいましたし...)



別の会社のクルーザーもツアーを中止して戻ってきてました。
(接岸時に料金の払い戻しについて船内放送してましたから、間違いないでしょう)
私のツアーも料金が¥8,000なんですが、¥7、000が払い戻しになりました。



ゴジラ岩にあやかって、ゴジラの手湯です。
めっちゃ、あっついお湯が出てました。



高台にある「夕陽台の湯」まで歩いていきました。 (ここの近くにはキャンプ場もありました)
入浴料は¥500で、露天風呂からは海が(林の隙間からチラッと)見えます。


「夕陽台の湯」の裏手で草を食べてた、鹿の親子です。
子鹿にしてはキリッとしてますね。

今日も、道の駅「らうす」で車中泊です。
明日は、朝から知床五湖を見に行く予定です。


スポンサーサイト
北海道 放浪の旅 2009/07~09 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。