スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

町田リス園でレンズのテスト

2009年07月11日 20:46


今日は、町田リス園に行って、このあいだ購入したレンズのテストをしてきました。
レンズの癖を覚えないといけません...

一番近場で小動物とたわむれることができる場所....町田市にあるリス園に行って来ました。
町田リス園には、下の写真のようなリスがたくさんいるんですよ。


え..リスに見えない?



いえいえ、リスですよ(笑)
タイワンリスっていう種類で、体は少し大きめですが、可愛いですよ。

こんな感じです。


え?、皆さんのリスのイメージって、こっちでしょうか?

町田リス園には、こちらのリスさんもいらっしゃいますが、メインはタイワンリスさんの放し飼い?になります。

でっかい飼育場に、見学者が入って、直接餌をあげることができるんですよ。

こんな感じです。



昼過ぎに行けば、こんな感じで、平和にたわむれることができます...
朝一番とか、夕方に行くと....そこは戦場...すごいですよ(笑)


早速、レンズのテスト開始です。ピントはヒゲに合わせてます。

あれ?


うーん...


あ、いや...思ってた以上に被写界深度が浅いんですよ


1/400s F/4.8

   おにいさん、ちょっと寄っていきなよ(笑)




1/125s F/8
うーん、絞ってみても思ったほど、ぼけ具合は変わってません...
というか1/125秒だと、(レンズの性能とは無関係ですが、)リスの動きが止められないんですね。


え?、何でリスが手を出してるか?ですって?

僕にヒマワリの種をくれって言ってるんですよ



ヒマワリの種があれば、膝はおろか、肩でも、手でも、頭でも...どこにでも乗ってくれますよ。(笑)
(ヒマワリの種は、一袋100円で売ってます。 今日は3袋買いましたよ(笑)



ヒマワリの種さえあげれば、たいていのことは我慢してくれます。  コショコショしても大丈夫(笑)

でも、怒らせてかじられると、メッチャ痛いんですよ(泣)
注意事項の看板には、コンクリートを砕くほど、あごの力が強いって書いてました...( ^_^ ;;?



タイワンリスって本来は、ツタがいっぱいある場所で暮らしてるらしく、綱渡りがうまいんですよ。
(このレンズ..オートフォーカスがちょっとのんびりしてますが、致命的ってわけでもないですね。)




あっ、足を踏み外しました(笑)
(でもAF-Sモードなのに、フォーカスが合ってなくてもシャッターが切れるのはなぜ?...これは本体側の問題か?)
(それとホワイトバランスがオートだと、ひんぱんに変わるような気が...これも本体側の問題か?)

先ほど、昼過ぎだと、平和って書きましたが、昼過ぎは昼寝してるリスが多いんですよ。

こんな感じ、



かわいいでしょ


さて、フラッシュのテストです。
前回の北海道でもそうでしたが、撮影時にフラッシュを使うことが多いんですよ。(意外と暗いことが多いんです)
(SB800は持って歩くには重すぎるので、本体内蔵のショボイヤツです...(笑)

ありゃ?




どひゃー(笑)

見事にレンズフードの陰がでてます。

やっぱり、フラッシュ使うときはレンズフード外さないとダメダメでした(笑)
というか、最大ズームだとフード外してもけられるのかな? 要テストですね φ(・_・)メモメモ


リス目線の写真です(笑)





このレンズの最短撮影距離は50cmなんです。
(右のリスさん20cmぐらいまで近づいてます...このあとレンズフードにアタマ突っ込みました(笑)
小動物を撮ってると、近づきすぎて、ピントが合わないことが多いんですよ。



こんな水場があっちこちに設置されてて、みんな器用に飲んでましたよ。


ここ、町田リス園にはタイワンリス以外にも、可愛いのがいっぱいいましたよ。

モルモットの赤ちゃん \(^o^)/




     黄昏れてたウサギさん...

ウサギをだっこすることもできるんですが、対象年齢の問題でパスしました。 ほんとはやりたかったけど...(笑)



町田リス園..おすすめですよ~
オフィシャルサイトはこちら



スポンサーサイト
おでかけ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。