スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

放浪の旅 2010  その2

2010年05月23日 22:15




     日本海に沈む夕日...


 あ....さてさて、放浪の旅 第二弾です!!


5/7の朝霧  誰もいません...
たいした雨じゃないのに...(笑)


某イベントが中止になった「ローソン箱根仙石原店」
無きに等しい駐車場...  ちょっと狭すぎかと...(ちなみに、右の2台は路上駐車ですよ)

「第3新東京市に行ってきました!」などという(限定もの?)お土産を買ってしまいました。(爆)




 「飛行機注意!」の標識が出ていたのに、やっぱりビックリ(笑)
 北陸自動車道だったかな?



そうそう、今回絶対に行こうと思っていたのがここです。

    千里浜 なぎさドライブウェイ

 「ちりはま」って読むんですよ。 私「せんりはま」だと思ってたんです...(笑)


ここは、砂浜を自動車で走れるんですよ \(^o^)/


砂浜のほとんど全域が「水分を含んで固く締まった砂」なので、車で普通に走ることができます。
右側の観光バスは波打ち際を走って「乗客へのサービス中!」(笑)...

でも砂浜の陸地側の端っこのほうは、乾いた普通の砂なので、下手をするとスタックします。(爆)

  私、3往復ぐらいしちゃいましたよ \(^o^)/



次にやってきたのは、

  白米町の千枚田です。

傾斜地に強引に”水田”をつくっているところです。


これで、ほぼ全景です。 


実は、すごいカメラマンの数だったんですよ!!

     うじゃうじゃ~(笑)

よく考えたら風景写真撮るのって、あまり好きじゃないんですよ。->どっちかというと動物の写真の方が好き!(笑)
ということで、全景写真だけ撮って撤収しましたよ。




次に訪ねたのは東尋坊でございます。



結構な断崖絶壁なんですよ!
しかも、安全のための柵とかは全くありません(爆)


東尋坊を対岸から見るとこんな感じです。


次は舞鶴にやってきました。

舞鶴と言えば...海自



  入港してきた護衛艦「まつゆき」、  後ろに見えているのは...


 イージス護衛艦「みょうこう」 

 このすぐ傍では、SH-60ヘリが、訓練飛行?をしていて、そちらもすごかったです。
 (距離が遠かったのと雨だったので、シャッター速度が上げられず...きれいに撮れませんでした...(T.T)



天橋立にも行きましたよ。

外海側は砂浜なんですよ。(監視台があったので夏は海水浴ができるのかな?)

天気が悪くて展望台に上らなかったので、全景はありません。(笑)
でも、中州を1往復したんですよ。(片道3km近かったかと... きつかった(涙)


内側は護岸されてました。

で、「はしだて茶屋」というお店で「あさり丼」をいただきました。 ウマー(笑)



さてさて、次に行ったのは「伊根の舟屋」です。


舟屋っていうのは、海に面して、家が建ち並んでいるところです!!
しかも、一階部分は「舟の格納庫」なんですよ!!--> だから舟屋っていうんですね!


こんなに、海の近くに家を建てて、大丈夫なんでしょうか?
このあたりは高潮とかないのかな?
ちょっと海が荒れたらヤバいような気がするんですが... きっと大丈夫なんでしょうね?? (・。・;


本当に海沿いに家が建ってるんですよ!!

ここに住んでるひとは、朝 目が覚めて、窓を開けると、目の前は海なんですよね\(^o^)/
ちょっとうらやましかったです。


ちなみに、一階部分はこんな感じで、舟を引っ張り上げるようになってます。
(私、最初、一階部分は海なんだと思っちゃいましたよ...(笑)  



さてさて、鳥取砂丘にやってきました。



前日、結構な雨が降ったため、砂が固く締まってて、歩きやすかったので海辺まで歩いていきましたよ。
裸足で歩いたんですが、気持ちよかったです。
(乾いてサラサラな砂だったら、砂丘の急斜面を登るのはきついかも(爆)

想像してたより、すこし規模が小さかったです (^。^;;

  周囲に砂丘しか見えない砂漠みたいなのを想像してました。(爆)



 鳥取県の「水木しげるロード」にやってきましたよ。




 妖怪神社もありましたよ!

右端の丸いのは「目玉親父」なんですよ。



街中には銅像が、こんなにいっぱいあるんです(笑)
(いちおう全部まわって写真に納めましたよ。)





出雲大社にやってきました。


おみくじを引いたんですが....(T.T)

翌日に大きなイベントがあるらしく、準備が進んでましたよ。




世界遺産の「石見銀山」にも行きました。

昔の銀山の坑道のうち一カ所だけ、採掘跡に入れる場所があるんですよ。
この通路部分から上下左右に、坑道が伸びてました。


坑道の枝にあたる部分はこんな感じ。
坑道の先端部分はひと一人入れるか?入れないか?ぐらいにせまいとのことで、実際に行ってみることはできませんでした。



こんな感じで街中に採掘した坑道跡が(無数に)残されてるんですよ。


町並みはこんな感じ、銀行なども統一した作りになってました。


できあがった銀を計量したという代官所です。
史料館になってました。
ここで説明してもらって、やっと銀山のことがわかりましたよ。(撮影禁止だったので写真はなしです。)


ガイドブックによると「世界遺産センター」に車をおいて、バスに乗り換える「パーク&ライド」と案内されていました...

...が、 一般車両が入れない?はずの街中にも、観光用の無料駐車場があるんですよ。(-。-;)



気をとりなおして、「角島大橋」にやってきました。

エメラルドグリーンの海がきれいです。\(^o^)/


全長1,780mと長大な橋です。


島側から見たところ。
総工費150億?...島の人口は300世帯だそうです...  うーん (^o^;



さてさて、下関の関門国道トンネルにやってきました。
前回は、高速道で橋を渡ったので、トンネルはくぐらなかったんですよ。

関門トンネルに入るところです。
乗用車の通行料は、¥150です。(NEXCO西日本の管理なのに、なぜかETCが使えません。)


車載カメラの映像をどうぞ~ (笑)


さてさて、トンネルくぐった後の九州側から見た「関門橋」です。


そうそう、関門トンネルって、歩いて通れるんですよ!
車用とは別に「人道」ってのがあるんです。(通行料は無料です。)
写真は、九州側の人道入り口です。


「人道」はこんな感じで約800mあります。

 歩きましたよ~(笑)

歩いて10分で、反対側につきます。

本州側の人道入り口に到着しました!



本州側から、九州側を眺めたところ...
車は九州、搭乗者は本州...(笑)

この陸地間の距離がだいたい800mです。 
見た目もっと遠いように感じるんですが、これで800mなんですよ。



今回は日本海側を回ったので、日没シーンをたくさん見ました \(^o^)/





ということで、放浪の旅 第2弾でした~

さて、次はどこに行こうかな?(笑)


スポンサーサイト
おでかけ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。