スポンサーサイト

--年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Vi-Bridgeファイナルウイーク..の準備 その2

2009年10月28日 02:29




Vi-Bridgeのファイナルウイークに向けて準備をすすめてます。 今日は防寒装備です。   -> Vi-Bridgeって何?

Vi-Bridgeって、標高1500m付近にあるため、もともと寒いんですが...この時期は格別に寒いんですよ。(笑)  
日記によると去年のファイナルでの最低気温は-4.9度(10/31)でした。 

ちなみに、今年のゴールデンウイークの最低気温は-6.1度(4/30)でしたよ。(寒)


ということで持って行く防寒装備は...

 ・TNFのアンダーウエア厚手(上下)
 ・HAGLOFSのバルクラバ+パタゴニアの帽子
 ・ダウンのインナー (上下とソックス)
 ・手袋(ブレスサーモのとトレッキング用)

これ以外に、ダウンジャケット(TNFのダブルXアコンカグアパーカ)


ちなみに、寒くても焚き火をすれば大丈夫じゃね?...と考えたあなた...甘~い (笑)


  満天の星空で寒風下、-3度での焚き火...楽しかった~ (^^)/   寒かったけど...


去年の日記によると...
 11/1  焚き火パーティ...午後8時で-3度(かなりの強風) テントわきで遭難しそうになった...
        スノピの焚き火台を複数台使ってガンガンに燃やしたが効果低し....寒かった..
        午後10時、焚き火撤収、ティエラの豆炭コタツにて暖をとり生還...コタツ持ってきて良かった~ (^^)v

 ....とあります。 焚き火を過信してはいけません。(笑)


で...今回もっていく暖房装備は、

 ・石油ストーブ(フジカ) +灯油(10L)
 ・ガスヒータ (ユニフレーム UH-C) 
 ・豆炭コタツ
 ・焚き火台  <- いちおう持って行きます(笑)


  (コタツ布団はスノピのオフトン1200、天板はユニのキッチンテーブルを流用、モデルはお友達のCパパさんです。)

  上で書いてるように、本当に体が冷えきっちゃうと、
  石油ストーブだけではどうしようもないので、豆炭コタツのお世話になります。
  (調節次第で、入っていられないくらいにコタツ内が熱くなります。 もちろん一酸化炭素警報機も使ってますよ。)
  ただし、豆炭コタツって、でかいのでクルマへの積載に困るんですよ。 今回はどうしようかな?


スポンサーサイト
Vi-Bridge

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。